文書作成日:2017/05/05


 女性はもちろん、男性も気をつけていただきたいのが、春から夏にかけて増えてくる紫外線です。日焼け止めクリームや帽子などで対策をとるのはもちろん、今回は身体の内側からケアする方法も合わせてご紹介します。




 紫外線を浴びると、肌は日焼けし、一見健康そうな小麦色に。けれど、そこには多くのマイナス面があります。紫外線は、肌老化を加速させて、シミ・シワの増加、眼障害や免疫力の低下、皮膚ガンなどの原因とも考えられています。




 肌老化とは、肌内部に存在するコラーゲンやエラスチン繊維をつくりだす細胞が傷つけられ、肌のハリや弾力が低下し、シワやたるみが生じること。肌老化の原因のうち9割が紫外線、1割が加齢によると考えられていることからも、日頃の紫外線対策がどれだけ重要かがわかります。




 紫外線をまったく浴びずに生活することは難しいものの、少しでもそのダメージを抑えるためのポイントをご紹介します。

■Point1:日中の外出では徹底ガード
 1日のうちで紫外線量がもっと多いのは朝10時から午後2時頃まで。この時間帯に外出する際には、日焼け止めクリームを塗ったり、つばが広めの帽子をかぶったり、長袖のカーディガンなどをはおったりと、できるだけ紫外線をブロックするようにしましょう。
 肌と同じように、目も紫外線を浴びることで日焼けしてしまうため、サングラスをかける、日傘をさすといったことはとても有効です。目に大量の紫外線を浴びると脳は紫外線を受けたことを察知し、体内にメラニンを発生。シミ、ソバカスが増えることになりますので、長時間の外出では目をガードすることも忘れないようにしてください。


■Point2:毎日の食事にもひと工夫
 紫外線を浴びると、疲労を感じたり、肌が炎症をおこしやすくなったりするため、内側から栄養補給を。次のような栄養素を中心に摂るのがおすすめです。

 ・ビタミンA(カボチャ、ニンジン)=肌の色素沈着を防ぐ
 ・ビタミンB(豚肉)=皮膚や粘膜の再生を促して美肌を守る
 ・ビタミンC(トマト、キウイ)=できてしまったシミをケアする
 ・ビタミンE(ゴマ油)=抗酸化作用で肌老化を食い止める

 なかでも、ビタミンAは油と一緒に摂ると吸収力が高まるので、カボチャやニンジンをゴマ油で炒める、蒸してからゴマ油をかけるなどして食べるのがポイント。豚肉に含まれるビタミンBは、トマトに含まれるクエン酸を一緒にとると、疲れの原因物質である乳酸を追い出し、肌や身体の疲労回復につながります。

 外出先では、さまざまなUV対策で紫外線をなるべく浴びないようにし、お家では、上記のような栄養素を意識した食事を心がけ、外と内から肌をしっかり守りましょう。



※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。